女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


NYお宅訪問

d0097871_227526.jpg


ハイ、4ヶ月もの間、ブログを放置していたグータラ人間の私デス。

さぞかし忙しかったのでしょう、と思っていただけたら幸いだが、
仕事に遊びに忙しいのはお互い様。
ここまで更新が滞ったのは、愛用中のNEC・VALUESTARが
ウィルス侵入という憂き目にあってしまったからである!

どうにかこうにか、年末に出張修理サービスに来てもらったのが
それでもイマイチ調子が戻らず、パソコン不信に陥った。
必要な検索は携帯電話頼みになったせいで
パケット通信料が過去最高を記録し、送られてきた請求額に驚愕するという始末。
ウィルスの出現により、ふんだりけったりである。

それでも更新を停止していた4ヶ月間にもいろいろあったので
今日からまたインテリアブログ、めでたく再開しよう。

10月の長期休暇で訪れたNY。
美術館めぐりや街歩き、お買い物、ホッケー観戦などやりたいこと満載のNYだったが
NY赴任中のH夫妻と会うことも楽しみのひとつ。
H夫妻の提案で、金曜夜はレストランでディナーをし、翌土曜日に我が家でランチを、
という素敵なお誘いに、Sさんとふたり嬉々として出かけた。

ミッドタウンにある高層マンションに住む2人のスイートホーム。ビッグなソファに
たっぷりとした窓、白い内装がなんともNYらしい。
d0097871_22283896.jpg


編集の仕事に区切りをつけ、NYへ行った妻のIちゃんは
FITに通った後、製菓学校に通い、いまやNY屈指のフレンチレストラン「ダニエル」にて
パティシエとして働くほどに。
文章にするとあっさりした感じだが、これはとってもスゴいことなのである。
d0097871_2234599.jpg


そんなIちゃんのおもてなしランチは・・・

きのこと生ハムのバジル風味
d0097871_2233312.jpg


ロールキャベツ
d0097871_22331737.jpg


ツヤツヤのスペアリブ
d0097871_22333364.jpg


パエリア
d0097871_22335059.jpg


そして、デザートはクレーム・ブリュレとグレープフルーツのゼリー
d0097871_22344443.jpg


2週間の長旅で家庭の味に飢えていた私たち。
辛口コメントでおなじみのSさんも、「うまい、うまい」と2人前ぐらい平らげる。

もっぱらの話題は、大統領選(選挙2週間前だった)とこのIちゃんの才能を今後どう
日本で展開していくか。
日本でも雑誌「VERY」が「もう一度輝くために」などと特集をするが
アメリカでは女性の社会復帰のための再教育プログラムなどが注目されているようで
シュワルツネッガー知事の妻マリア(ケネディ元大統領の姪)は、そんな活動にも熱心とのこと。

年末に東京に戻ったH夫妻。
東京での新居探し中ということだが、物件の最優先条件は、NYで使っていた家具が
すべて入る広さとオーブンがついているマンションだとか。

これからのIちゃんの活躍が楽しみである。
[PR]
by tomoko291 | 2009-01-16 22:49
<< アンティークタイルの鍋敷き作りに挑戦 9月のお料理教室  >>