女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ステキなアレンジをいただきました

d0097871_22113693.jpg


出版界の不況は、今に始まったことではないのだが、
最近、その深刻ぶりが加速している。
そんな現場へカツを入れるべく上司の提案は、
「驚きのあるモノを作っていこうではないか」ということだ。

ちょっとしたことを楽しくするには、やっぱり意外性は欠かせない。
いい意味で不意をつかれた人の表情を見るのは楽しいし
いつもと違う、当たり前でない、そんなことをすると人の心は動くものである。

で、話がそれたが、先日お邪魔したSさんのゼミ友達たちが
開いてくれた結婚祝いパーティのこと。
主催してくれた夫婦の奥様は、私のお花の先生でもある。

帰りがけに、↑このシックな大きなサイズのフワラーベースをプレゼントしてくれたのだが
先生アレンジのお花をたっぷりと生けた状態で、リビングルームに登場させるという
うれしいサプライズ演出付き。
d0097871_22283568.jpg


持って帰ることを考えると、ベースだけをラッピングして
「ステキなお花を飾ってね」
などといただくシーンが通常である。

が、そこはお花の先生ならではのステキアイディアである。

こんな風に飾ってね、というお手本も教えてもらえたし
プレゼントしてくれたベースが一番美しい状態でこの手に渡していただけた。

ちょっとしたことを楽しくするアイディア。

d0097871_22262383.jpgそうそう、この日、このご夫婦は、
息の合ったコーディネートで登場。
こんなところも、おもてなしを楽しむちょっとしたアイディアか?







ステキなプレゼントをありがとう!
[PR]
by tomoko291 | 2008-08-19 22:35
<< NYのホテル お宅訪問 世田谷区M邸 >>