女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


loveなエントランス

d0097871_222478.jpg



たびたび登場する玄関の模様替えネタ。
「お帰りの鳥小屋」が不評だったため
それからしばらく模様替えプランを模索中だった。


で、出会ったのがこのスカーフ。
「ジャドール ムッシューディオール  ラブ ジョン・ガリアーノ キス」

フランスのノルマンディ地方、グランビルという小さな港町にある
ミュゼ ドゥ クリスチャン・ディオール。
メゾン設立60周年を記念して、カラフルなオートクチュールが
展示されているのだが、このスカーフは今回の展示の記念グッズのようなもの。
メゾンの創始者ムッシューディオールへ、現在のデザイナー
ガリアーノが敬愛を込めて描いた、という大輪の花である。

ブランド買いに程遠いパリでのお買い物を披露した私だが
わざわざグランビルまで行った記念にこのスカーフを買うことにした。
が、首に巻くこともしなければ、バッグに付けたりもしない派。
でも眠らせてしまうのはもったいない。
以前、お金持ちの人が出ている番組で、
「大好きなエルメスのスカーフを額装しましたのよ、おほほほ」
と笑うマダムがいたのを思い出す。
そうだ、額装しちゃおう。

行きつけの神保町『文房堂』で60×60cmの額を物色。
ディオールカラーのスモーキーグレーに決定。
今回は自分でアイロンがけをして、きれいに伸ばして入れてみた。
自然光の入らない我が家のエントランスが
少しは明るくなっただろうか。


ミュゼの敷地内には、手入れの行き届いたフラワーガーデンがあり
ムッシューがインスピレーションを得たというディテールが
そこここに。

d0097871_2222677.jpg


d0097871_22222079.jpg



ピンクをインテリアに使うことは初めてだが、
華やかさがアップして、玄関がいとおしい場所に思えるから不思議である。

これはSさんも気に入ったようだし
しばらく模様替えしなくて済みそうである。
[PR]
by tomoko291 | 2007-08-15 22:26 | □Living
<< WEDDING BOOK 銀のトレイ >>