女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


お菓子教室@六本木

d0097871_1216416.jpg


産休に入ったらのんび~り過ごそう、と思ってはいたものの
10年近く忙しくしていた習慣のせいか、毎日あれこれと予定を詰め込んでしまう毎日。

この日は、NY帰りのIちゃんのお菓子レッスンに参加
→とこちゃんベルトの整体講習会→眉のアートメイクとフル稼働である。

レッスン早退の旨をお詫びしつつ参加させてもらったお菓子教室では、
お昼時だから、ということで、かぼちゃときのこのキッシュと
洋ナシのコンポートとジュレのレシピをレクチャーしてもらう。

フードプロセッサーを使って作るパイ生地はさっくりとしていて
秋らしい具のキッシュは絶品。
d0097871_12225743.jpg


洋ナシのコンポートは、レモングラスやレモンチェロというレモンのリキュール、白ワインで
煮込む大人な味わい。
柔らかすぎない煮込み具合も私好み。
ジュレはゼラチンではなく、溶解温度の高いアガーで固めるのがプルプルになるポイントだとか。
d0097871_12242016.jpg


Iちゃんの旦那さまのウィーン土産のザッハ・トルテもお土産にいただく。
ザッハをくれぐれも間違いなく買ってくるようにとIちゃんにお願いされた旦那さま、
どうやらこのお土産のせいかどうかは不明だが、トランジットに失敗して
ちょっと帰りが遅れてしまったとか・・・。
小さなサイズは初めてだけど、お土産にぴったりのサイズ。
d0097871_12253562.jpg


さっそく翌日、材料を買い込みお家でもトライ。
Iちゃん宅ではNYで購入したという底の抜ける10cmのタルト型を使って焼いたキッシュ。
この型、探したけれど冨澤商店では注文のみで受け付ける、ということだったので
とりあえずは底の抜けないマドレーヌ型ともう少し小さなタルト型で代用することに。
レシピがすばらしいおかげで、なかなか美味しく出来上がる。
ちょうど夜に友人夫妻と食事だったので、朝ごはんにどーぞ、と手土産にしてみることに。
d0097871_12314223.jpg


ほっくりとしたカボチャと食感のいいきのこでやさしい秋の味わい。
旬の洋ナシのデザートも、いまのうちに楽しみたい一品。

Iちゃんのテーブルコーディネートも、ハロウィンらしい秋らしいものでした。
[PR]
by tomoko291 | 2009-11-03 12:38 | □Cooking
<< 中華なおもてなしで活躍中 夏休み@グランドワイキキアン >>