女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

いまできること

d0097871_1503549.jpg


大変な震災から2週間以上が経ちました。

信じられない被害の様子に、最初は胸を痛めるばかりでしたが
世の中も少しずつ、いまできること自分にできることを
一歩ずつやっていこう、という空気になってきました。

東京でどんなに不便なこと、不安なことがあっても、被災した方を思えば
比べようもない小さなことです。

母親と離れ離れのまま津波に飲まれてしまった子供もいると聞きました。
「まだ冷たい水の中に小さな子供がいるから、せめてあたたかいところで
静かに眠らせてあげたい」
と涙ながらに話すレスキューの男性のインタビューを見ました。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

それでも、小さな子供のいる身としては、
一向に好転しない原発の状況に、毎日の食事や外出など
あらゆることに神経質になってしまっています。


状況に応じて協力してくれる家族たち、会社の同僚や友人たちに感謝すること、
働いたお金で募金をし少しでも復興に協力すること、
節電をすること、
子供が不安にならないよう、明るくいつも通りでいること
いまの自分にできることです。

いつまた災害にあうかは誰にもわかりません。
そのときのために最低限の備えをするのも、子を持つ親の務めですね。

息子は変わらずに元気に成長しています。

従兄に刺激をうけたのか、ますます活発に動き回り
言葉にならない言葉を話しています。

d0097871_1524716.jpg


プラレールが欲しいと売り場で大きな箱を離さなかったので
買ってしまいました。
新幹線が走ると、「デンダ!!」と言って
拍手しています。
起きた瞬間から寝る直前まで、新幹線を手放しません。。。
d0097871_15242417.jpg


守るべきものがあると身が引き締まる、と友人が言っていましが
そのとおりですね。
そして、また子供の笑顔にも励まされたりします。
[PR]
by tomoko291 | 2011-03-28 05:59 | □Baby | Comments(0)