女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NYのホテル

d0097871_2244158.jpg


出社してパソコンを開くと
「楽しいNYホテル選び」というタイトルのメールが。

10月に夏季休暇&新婚旅行を兼ねて、バハマ&NYへ2週間旅行を計画中である。
タンザニアのサファリツアーが有力候補だったのだが、Sさんが突然
「バハマに行こう!」と言い出し、ころりと計画が変更した。

そういえば、友人Yが以前にバハマに行ったことを思い出しさっそく問い合わせる。
バハマのフォーシーズンズがとてもよかったらしいのだが
「とくにやることはないよ~」
とのこと。

でもでも、何にもしない、の~んびりできる時間に憧れる私たちは
その言葉にひるむどころか、にんまり~。
DVDや本を持ち込んで、の~んびり過ごすにはもってこいってことである。

リサーチ好きのSさんのおかげでバハマの宿泊先はあっさり決まったのだが、
NYはただ今、検討中。
クラシカル好きの私たちだが、NYならモダンも悪くない。
そんな楽しい悩みごとを受けて、Sさんが絞り込んだホテルの候補を
送ってきたのが、冒頭のタイトルのメールである。

普段、形容詞を盛り込んだタイトルでメールなど送ってこない彼が
ちょっとした気持ちの高ぶりを見せている。
相当、お仕事お疲れなのか、と心配になるも、休暇を楽しみにしている様子が伺え
なんだか微笑ましい。

候補のひとつ、プラザアテネのニューヨークのHPで目にとまった部屋の
インテリア。ブルーとベージュの色使い、ファブリック使いがとても好みである。

でもプラザアテネといえば、パリ?という思いも頭をかすめる。

「楽しいNYホテル選び」続行中である。
[PR]
by tomoko291 | 2008-08-19 22:54 | □Hotel | Comments(0)

ステキなアレンジをいただきました

d0097871_22113693.jpg


出版界の不況は、今に始まったことではないのだが、
最近、その深刻ぶりが加速している。
そんな現場へカツを入れるべく上司の提案は、
「驚きのあるモノを作っていこうではないか」ということだ。

ちょっとしたことを楽しくするには、やっぱり意外性は欠かせない。
いい意味で不意をつかれた人の表情を見るのは楽しいし
いつもと違う、当たり前でない、そんなことをすると人の心は動くものである。

で、話がそれたが、先日お邪魔したSさんのゼミ友達たちが
開いてくれた結婚祝いパーティのこと。
主催してくれた夫婦の奥様は、私のお花の先生でもある。

帰りがけに、↑このシックな大きなサイズのフワラーベースをプレゼントしてくれたのだが
先生アレンジのお花をたっぷりと生けた状態で、リビングルームに登場させるという
うれしいサプライズ演出付き。
d0097871_22283568.jpg


持って帰ることを考えると、ベースだけをラッピングして
「ステキなお花を飾ってね」
などといただくシーンが通常である。

が、そこはお花の先生ならではのステキアイディアである。

こんな風に飾ってね、というお手本も教えてもらえたし
プレゼントしてくれたベースが一番美しい状態でこの手に渡していただけた。

ちょっとしたことを楽しくするアイディア。

d0097871_22262383.jpgそうそう、この日、このご夫婦は、
息の合ったコーディネートで登場。
こんなところも、おもてなしを楽しむちょっとしたアイディアか?







ステキなプレゼントをありがとう!
[PR]
by tomoko291 | 2008-08-19 22:35 | Comments(0)

お宅訪問 世田谷区M邸

d0097871_21434575.jpg


働く意欲の失せる夏。
しかし、気合の入った分厚い秋の号を仕上げるためには
今、働かなくては、な大事な時期である。

入社8年目。
中だるみな6・7年目を乗り越え、また仕事が楽しくなってきた今日この頃。
入社以来、何かと支えあってきた同期が世田谷に引越したということで
休日にランチをお呼ばれに行ってきた。

小旅行気分で乗り込んだ田園都市線だが
渋谷から10分足らず、あっという間に到着。

新婚家庭ということもあり、ちょっとわくわく、お邪魔する。

パリー東京の別居婚生活を送るふたりだが、
旦那さまがこの夏2ヶ月こちらに滞在するとあって
すっかり部屋も出来上がったと聞き、この日を楽しみにしていた。

パリの香りの漂う、アンティークに囲まれたひろ~い部屋。

d0097871_21532645.jpg


オーダーで棚まで作ったそうで、たくさんのものがあるのに
とても整然と、なんだかそこにあるべくして置かれたたくさんのアンティーク。
センスのいい人が好きなものを集めると、こうもすっきりとまとまりのある
落ち着いた空間になるものか、と感心ひとしきり。

旦那さまお手製のエスニックカレーをいただき、これもまた美味。

d0097871_228359.jpg


テラスには、ブドウの木を育てたり、大きな陶器にハスの葉を育てたり
丁寧な暮らしぶりに感動してしまう。
どうやら、近所にナイスな園芸ショップがあり、けっこういいモノが
かわいい値段で手に入るそう。

ロハスな暮らし。

いちいちステキなんだが、どれも肩の力の抜けた心地いいモノばかり。

夜に訪ねたら、きっと長居して朝まで過ごしてしまいそうな空間である。

最近、仕事話もめっきり減って、もはや主婦同士の
生活感たっぷりな同期のMとの会話。
ひさびさの仕事話、この部屋ならしてしまいそう。

また遊びに行かせてね。
[PR]
by tomoko291 | 2008-08-19 22:08 | Comments(0)