女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

6月のお料理教室と家計簿の話

d0097871_2210401.jpg


先週に行ってきた、ひさびさのクッキング~。
今月のテーマは、春から夏のお魚。
藍のブルーと、青磁のブルーをグラデーションにした
清涼感のあるテーブルコーディネートである。

本日のメニュー


■翡翠茄子のあなごジュレがけ
夏の前菜にぴったりの一品。翡翠色のなすが美しい。
d0097871_22322737.jpg


■あじといかのさつま揚げ風
先生お手製の柳で編んだかごに盛り付けた、さつま揚げ風。
しっかりと味が濃く、ビールが進みそうな感じである。
柳のかごは、夏には青い色をたのしみ、秋~冬にかけて、味わいのある茶に
変化していくそう。かご編みの特別レッスンも予定しているそう。
d0097871_22324133.jpg


■ほたてととうもろこしのグラタン
子供も好きそうな、グラタンは、ワインにも合いそうな濃厚な味。
ブリュレ型で焼くと、ちょうどいい一人分に。
d0097871_22325233.jpg


■かじきまぐろと夏野菜のトマトソース ショートパスタで
さっそく、今夜作ってみたこのパスタ。
やさしいトマト味と、ゴーヤの苦味が、夏にぴったりである。
ゴーヤはスライスした後、三温糖をもみこんでおくとお味がマイルドになるそう。
d0097871_2233477.jpg



関係ない話だが、Web家計簿なるものを付け始めた。
毎日は無理なのだが、思いついたときにとっておいたレシートや
カードの控えをランダムに入力すると、あっというまに
日付順、項目順に並べ替え、項目別の支出表まででてくる優れモノである。

付け始めて気づいたのだが、けっこう使っている項目が。
「被服」である。仕事柄、と思ってはいたが、知らず知らずにチリも積もれば~である。
何よりも問題なのは、お金かけてるわりには、お金かかってそうに見えない
私のコーディネートである。う~ん・・・

共働き子供ナシ、はいちばん貯蓄ができる時期だそう。
担当雑誌のマネーコラムに久々に目を通すと、そう書いてある。

また家においてあったプレジデントを読んでみると
30台の女性が
「貯蓄の目標額は5億ですね。1億だと5%で回しても年に500万円しか増えませんが
、5億あれば2000~3000万円増えます。経済的自由を獲得するには、
最低でも5億必要なんです」と。
ぎょえ~、大変な話である・・・

やりたいことを自分でできるように、と思って働いていた20代。
将来を見据えてあれこれ策を練るようになるのが、30代。

ちょっと遅い気もするが、今より遅いってことはないだろうから
日々着々と。

Web家計簿、がんばろ~。
[PR]
by tomoko291 | 2008-06-18 22:31 | □Cooking

うれしいプレゼントたち~三十路編~

d0097871_1137527.jpg


昨日、三十路へ突入した。
世界のナベアツ的にはアホになれる、「サァ~ン」十歳である。

優しい先輩からは、
「君は永遠に25歳のままで止まっているよ」とか
妹からは
「30歳なんて信じられないね」など、
たくさんの方からあたたかいお気遣いのメッセージをもらうも、
確実に30歳になってしまった。

Sさんが大人デビューの証にと、予約してくれたのは
行きつけの(仕事で)銀座のお鮨やさん。
たびたび話は聞いていたが、当たり前だが美味しさは言葉では全然伝わってこない。
じと~っとした視線を毎回送った甲斐があり、今回ようやく行ってきた。

海外のエグゼクティブなお客様の接待が多いのか、お店のお客様は
インターナショナルな上に年齢層高め。
感動するほど美味しく、とくにアナゴが絶品。これを食べてしまったら、
いままで私が食べていたアナゴを、アナゴとは呼べない。。。

センスのいい器とカウンターの設えにも、感動を覚えながら
ようやく撮った1枚が、上の箸置き兼一輪挿し。
特別に窯で焼いていただいた、ここだけのエクスクルーシブらしい。
ナイスなアイディアである。

30代で挑戦したいことのひとつにリストアップしている陶芸。
いつの日か、私もこんな箸置き兼一輪挿しを作ってみたいものである。

お鮨やの大将から、お祝いの花までいただいて、帰路に。
Sさんからのプレゼントは、ゴルフクラブを新調してくれるそうで
それは母に選んでもらおうということで、後日見に行くことに。
d0097871_1220367.jpg


そして、会社の先輩たちと同僚から、思いがけずいただいた
結婚祝い兼バースデイプレゼントをご紹介。
お誕生日に合わせて贈ってくれるなんて、なんて粋な計らい。

d0097871_11564369.jpg

d0097871_11565360.jpg


Kashwereのアイテムは、会社の先輩2人から。
リッツやハワイのハレクラニホテルのスパでも使われているという
この名品は、LAのブランドのものなのだが、感動するほどの極上の肌触り!
「ハワイにちなんだものにしたくて」
と、ハレクラニでも使われているこのバスマットとスリッパを選んでくれたそう。
スーパー仕事ができるおふたりは、社内でも人望も厚く、私も尊敬してやまない存在である。
そんなおふたりから、こんなモノをいただけて、感謝感激。
使うのがもったいないプレゼントである。


d0097871_124185.jpg


そして、バラカのベガのタンブラーを贈ってくれたのは
ただ今育児休暇中の同僚、Tさん!
先日、健康診断で出社した際に、一緒にランチをしたのだが
ニコニコ笑顔かと思うと、ママが見えなくなると怪獣ばりに泣き叫んだりと
THE・男のコの赤ちゃん、な様子を披露してくれた。
最近、ちょっと落ち着いてきたらしく、成長日記を記したブログをスタートしたそう。
毎日チェックさせていただこう。

ちなみに、↓が、そのモンスター「Ryuta」♪Love♪ ママは腱鞘炎ぎみ。
d0097871_1292247.jpg


三十にして立つ、四十にして惑わず・・・とか、立派な志も世にあるが
相変わらず、毎日の仕事に精一杯な日々である。
日々着々と。
30台もがんばってこーと思います。
[PR]
by tomoko291 | 2008-06-18 01:36 | □Wedding

うれしいプレゼントたち~インテリア編~

d0097871_21262587.jpg


前回に引き続き、結婚祝いでいただいた
ナイスなプレゼントたち、インテリア編をお披露目。

ボッテガ・ヴェネタのコースター6枚セットは、
入社以来のお付き合いのスタイリストKちゃんとライターのHちゃんから。
ハワイまで来てくれた二人から、先日改めて
「ステキなパーティに招待してくれてありがとう~」
というメッセージとともに手渡された。
しっかりイントレチャート(メッシュ編みのこと)してるコースターを選ぶあたり
さすがファッション通なおふたりである。
なんだか使うのがもったいない、美しい逸品。


d0097871_21325674.jpg

憧れのリヤドロの「Foever」は、大学時代の大親友のKから。
昨年の入籍時期に用意してくれたそうで、
ずっとリヤドロに憧れ、ときどき銀座店をのぞいたりしていたころに
「リヤドロは好きかな?」
と電話をくれたK。
怖いくらいのタイミングで、私の好みを察知。
「ずっと思い出に残るものを贈りたくて」
という彼女の言葉とともに、結婚前に受け取ったものである。
ウエディングケーキのトップに飾ろうか、出発直前まで迷ったが
万が一壊れてしまったら、と思うと、持っていけずに、
ハワイ中は家でお留守番。
いまはリビングのベストポジションに置いて鑑賞中である。


d0097871_21441174.jpg

同じく、大学時代のサークルの友人Eからは、ウェッジウッドのクリスタルベースを。
愛媛の松山に戻り、大病院に嫁いだEは、7月に出産予定。
臨月だというのに、先日わざわざプレゼントを送ってくれた。
すっきりとしたベースは、いろいろなシーンに活躍しそうである。
大切に使います。


d0097871_21473511.jpg

プリザーブド・フラワーの名品「Vita Rosa」を贈ってくれたのは
Sさんのお客様Yさん。
2~3年はキープできるというプリザーブド、プレゼントにはよく使っていたのだが
我が家にはなかったもので、イエロー系という色のセレクトもうれしい限り。


d0097871_21495395.jpg

d0097871_2150354.jpg

ハワイ挙式中にいただいた、ニーマン・マーカスの「KIM SEVBERT」のナプキンは
Sさんの元同僚O夫妻から。
パーティは夫婦で楽しんでほしい、という理由から1歳のベイビーを
シッターさんに預けて参加してくれたO夫妻。
長時間のパーティ中、途中で帰らざるをえなかったお2人にはとても申し訳なかった・・
ゴールドとシルバーの刺繍がきれいなリネンのナプキン、
どうコーディネートしようか思案中である。


d0097871_21533563.jpg

そして、カルティエのレターセットは、Sさんアイホ同期のH夫妻から。
ハワイでの帰り際に、さり気なく手渡されたこのレターセット。
あまりのかわいさに、その日にロイヤルハワイアンのカルティエへ行き
何セットか購入。ハワイ限定のやしの木モチーフなど、バリエーションも豊富で
ちょっとステキなお土産用に活躍したアイテムである。
いただいたゾウさんも、なかなかかわいいでしょう。


d0097871_21564484.jpg

元アシスタントのAちゃん、そして元上司のO編集長からは
TOCCA、そしてカトリーヌ・メミのキャンドルを。
すてきなメッセージカードとともに、いただいたキャンドルは
ハワイ滞在中や、出張にもさっそく持っていき大活躍である。


改めて、みなさんプレゼント上手なことに驚いてしまう。
こうしていただいたアイテムは、今後自分がプレゼントを選ぶときにも
参考にさせていただきたいアイディアが満載。

どれも思い出の詰まったうれしいプレゼントたち。
ずっと大切にさせていただきます。Mahalo!
[PR]
by tomoko291 | 2008-06-12 22:00 | □Wedding

うれしいプレゼントたち~食器編~

d0097871_23515224.jpg


まもなく30歳になるにあたって、
会社からリフレッシュ休暇なるものがプレゼントされるそうである。
がんばって働いたご褒美に10日間のお休みあげるから、リフレッシュしてこい。
そしてまたがんばって働けよ。という制度らしい。

また、結婚するにあたって、新婚旅行休暇なるものも5日間加わる。
有給休暇が40日くらい累積していることを考えれば、
合計55日、約3ヶ月もお休みできるってこと?!

まとまった休みがどーんと来るなら、30歳で結婚ってのも悪くない。

そんな30歳(正確には29歳)での結婚に際して、
たくさんの方から、ステキなお祝いをいただいた。
その一部をご紹介。

上の写真のロイヤルコペンハーゲン、ブルーフルーテッドの
急須&湯呑みセットは、JALの美女軍団から。
食器好きの私の好みを考慮してくれてのセレクトがうれしい限り。
一生大切に使います。

d0097871_094656.jpg


↑Sさん会社上司5名からのプレゼントは
ウェッジウッドのコロンビアセージグリーンのカップ&ソーサー6客。
冗談でリクエストしたものだったが、本当に6客我が家にやってきた。
高価なリクエストをする妻に引かれはしなかったか・・・
若干の不安が残るが、温かい全員の顔写真付きのメッセージとともに
本当に我が家にやってきた。感謝。


d0097871_0133973.jpg


↑そして、大好きな山田平安堂のお皿のセットは、マッスル松本夫妻から。
以前、妹からもらった同ブランドの写真立ての中で、ポーズを決めているのが
マッスル松本さんです。
結婚式での、裏の主役は彼だった、と断言できるほど
老若男女から拍手喝采を送られた彼。
ストイックな食生活を支えたマッスル妻にも、ここでありがとうと言いたい。


d0097871_0173410.jpg

d0097871_0174549.jpg


↑我が家のデザートスプーン&フォーク不足問題を、一気に解消してくれた
プレゼントがこれ。司法試験に合格し、晴れて今年ゴールインしたSさんの友人M夫妻から。
彼らの結婚式には私は参加していないのだが、後日拝見した写真から
相当に華やかで上質なウエディングだったことが伺えた。
ぜひこの目で見たかったものである。


d0097871_0203489.jpg


↑ハワイ挙式には残念ながら欠席だった大学時代の友人MとYから。
ミキモトのグラスセットとボール&プレート。
使いやすいこのアイテムは、私たちの内祝いにも選ばせていただいたアイテム。
ただいま、ヘビーローテ中である。


d0097871_0243891.jpg


↑妹からはジノリのベッキオホワイトのティーポットと紅茶用カップ&ソーサー。
使いやすさはお墨付き。このセットが来て以来、我が家の紅茶率は確実に上がっている。


ほかにも、リネンのナプキンやルクルーゼ、クイジナートなど、
キッチングッズもたくさんいただき
我が家のダイニング&キッチンはさらに充実したラインナップに。

しまっておくのはもったいないので、どんどん使っている毎日である。

ちなみに、先のリフレッシュ休暇なるもの。
その猶予はなんと5年間。
すぐに使ってしまうのはもったいないが、取らずに失効してしまうのだけは避けたい。

「リフレッシュした?」
ときどき聞いてやってください。以上、キッチン編でした。
[PR]
by tomoko291 | 2008-06-07 00:33 | □Wedding

ブライズメイド

d0097871_035457.jpg


4月のハワイ挙式でのブライズメイド。

ちょうど、香港帰りの6月のJALの機内で、
「幸せになるための27のドレス」という映画がやっていた。

登場するブライズメイドのドレスは、どれもかなりのこだわりようで
ちょっとコスプレなデザインが多かったが、挙式後のせいか
なんだか微笑ましく見ることができた。

で、ブライズメイドをやり続けた主人公が、花嫁になるまでの
出会いからゴールインまでを描いたストーリー、というあらすじが読めてしまう
内容なのだが、それはともかく、とってもタイプの人がいたので公開。

どうでしょうか。
d0097871_0164752.jpg


ぜひ、彼をみるために、映画、見てください。
[PR]
by tomoko291 | 2008-06-05 00:18 | □Wedding

マンダリン・オリエンタル香港

d0097871_23113325.jpg

出張で、初香港。

香港と聞いて連想すのは・・・
買い物天国、スパ三昧、コラーゲンたっぷりのグルメなどなど。
なんだか楽しそうなところである。

出発の1分前まで、原稿に追われるドタバタスケジュールではあったが
今回の宿泊は、香港島のセントラルにある、マンダリン・オリエンタルホテルということで
なんだか気分も上がってくる。

挙式をしたハワイのカハラホテルも、以前はマンダリングループで
個人的には、以前のインテリアのほうが好みだった。
なので、今回のマンダリンホテルのインテリアにも俄然、期待が高まる。
2006年に全面リニューアルして、バルコニーを取り払い、そのぶん
各部屋を広くしたそう。
ランドマークタワーに新しいマンダリンホテルもオープンしたそうで
そちらは、ゲイの方々に人気なんだとも聞く。
なるほど、そっちはよりスタイリッシュでモダンな感じ~なのだろうか。

で、部屋はこんな感じ↓

バスルームは白の大理石。
d0097871_23201634.jpg


バンブーを使った、バスルームの小物たちも整然と。
d0097871_23222537.jpg


バスルームの奥が、ベッドルーム。
モスグリーンをアクセントに、シックかつモダンなアジアン風味。
d0097871_23225825.jpg


アメニティはエルメス。
d0097871_23231368.jpg


取材中に、市場の花屋でジャスミンもどきな花を調達。
ホテルで花瓶を借りて、飾ってみる。
d0097871_23232868.jpg


部屋のカーテンが、我が家のカーテンの色&素材とそっくり。
最近オレンジ&グリーンのソファのクッションカバーの模様替えを考えていたので
こんなブルーグリーンのクッションもいいかも、とアイディアをいただき。


ちょっと自由時間ができたので、セントラルにあるアルマーニ・カーサへも足を運ぶ。
バスルームの小物をちょこっと買い。
よく考えれば、銀座にオープンしたアルマーニタワーでも同じものが買えたはずである。
が、まあ気にしない。
d0097871_23331079.jpg


話は戻って、香港ステイ。

お茶屋にも行き、人気のフォーシーズンズホテルのディナーも堪能し
スパもやって、坦坦麺もいただき、香港一のピータンもお土産にゲット。
スターフェリーにも乗り、8時からの光のイリュージョンも楽しんだ。
もちろん、福臨門も糖朝も美味しかった。
これそ王道・香港ステイといった感じだろうか。
外しはないが、とくに感動もなく、湿気で膨らむ髪の毛がうっとうしい。


まとめに入ると、
マンダリン・オリエンタル香港のサービス、お部屋、朝食ともに素晴らしいのだが
部屋のエアコン設定が寒すぎる。
どんなにエアコンをオフにして部屋を出ても、戻ると必ず22度の冷蔵庫状態。
冷房がんがんで、肌にも地球にも最悪である。
やっぱりそのあたりの意識が、中国なのである。
空も4日間、白く曇りがち。天気のせいというよりは、大気汚染気味。
オリンピックは本当に大丈夫なのか!

まあ、そんなことを思いつつも、四川大地震の被災者への募金をして
みんなで帰路についた。

我が家のリビング、ただいまマンダリン化計画、進行中である。
それはまた追々。
[PR]
by tomoko291 | 2008-06-04 23:47 | □Hotel