女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:□Cooking( 13 )

ジャム作り

d0097871_23474265.jpg


幼稚園から月1で届く絵本のなかに、ビッグサイエンスシリーズがあります。いつもは、動物や昆虫がテーマですが、今月は「ジャム」。

作ってみたい~と毎晩言われてましたが、まだイチゴが高いので却下してたのですが、今日イオンで安いイチゴに出会い、夕飯後に作ってみました。

d0097871_23534138.jpg

冷水に垂らして、広がらなければ煮えごろ、という実験がしたかったようです。

ヘタをとる作業はわりと雑にやってました・・・

15分ほど煮るのですが、最後混ぜるのをサボリ少し焦げたのは秘密にしてます。

明日の朝のジャムトーストを楽しみに大騒ぎで寝ました。
[PR]
by tomoko291 | 2013-12-10 23:46 | □Cooking | Comments(0)

夏のお菓子教室

d0097871_2039569.jpg


不定期で開催されるIちゃんのお菓子レッスン。
先日夏バージョンに参加してきた。

引っ越してIちゃんの家まで30秒、という距離になったため
一番乗りで到着(といっても、赤ちゃん連ればかりなためみんな到着は押しまくり)。

マリメッコのファブリックパネルで明るい雰囲気に模様替えされた
ダイニング↑

d0097871_20425244.jpg

リビングも広々で、赤ちゃんズもハイハイし放題!

今日はマンゴープリンとケークオシトロン。
マンゴーピューレとマンゴーの果肉を両方ふんだんに使用した
プリンは、ペニンシュラにも負けない美味しさ(本当!)
d0097871_20444362.jpg


ケークオシトロンは、しっとりとした食感でさわやかなレモンの
酸味が夏にうれしい一品。
d0097871_20454045.jpg


ハワイで調達したマフィン型をさっそく使って
今週にでも作ってみようと企み中。

9月、10月、12月産まれと、月齢の近いベビーたちが
集合した今回のレッスン。
まもなく1歳の女の子に、やられっぱなしの息子↓
打たれてもギャーギャー泣いても、子供同士の触れ合いを
積極的にさせたいと思っている母さんは、おもわずカメラをパシャリ。

Mちゃんの遊んでいるおもちゃに手を伸ばしたら、
d0097871_20492227.jpg


ぶんぶん、抵抗にあいビビリまくる息子。
d0097871_20485825.jpg


たくましく育っておくれ~
[PR]
by tomoko291 | 2010-08-15 20:51 | □Cooking | Comments(0)

あけましておめでとうございます!

d0097871_11362177.jpg

みなさま、あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

0か月の赤ちゃんがいると、そうそう外出もできない。
それにお正月の食事の支度が楽になるでしょう、という夫の計らいで
「なだ万」のおせちで新年をお祝いすることに。ありがたや~
プチ贅沢で気持ちも上がって、おせちもとっても美味しく
家族3人で迎えた元日の朝はとっても平和である。

一の重
d0097871_12103673.jpg


二の重
d0097871_1211177.jpg


おせちにあまり興味のない夫も、栗きんとんは好き、とのこと。
VERYで紹介されていた小田原「菜の花」の栗きんとんをお取り寄せしてみたところ・・・
d0097871_11535323.jpg


d0097871_11541447.jpg

熊本産の大きな栗で、とってもまろやかでこっくり、美味。

お雑煮はシンプルな関東風。
d0097871_12112828.jpg

具が多すぎる、とクレームが出たが、こういうのは作る人の好みが出るので
お汁少なめが好きな私が作るとこうなるのである。

息子は来客中もよく眠り、元日は過去最高4時間睡眠を達成。
起きたら運動を、と空中歩行を少々。
メジャーで測ってみると、身長58cm! もう6cmも伸びたか!?
d0097871_12123759.jpg


あと2日間、お正月を満喫したいと思います。
[PR]
by tomoko291 | 2010-01-02 12:15 | □Cooking | Comments(0)

お菓子教室@六本木

d0097871_1216416.jpg


産休に入ったらのんび~り過ごそう、と思ってはいたものの
10年近く忙しくしていた習慣のせいか、毎日あれこれと予定を詰め込んでしまう毎日。

この日は、NY帰りのIちゃんのお菓子レッスンに参加
→とこちゃんベルトの整体講習会→眉のアートメイクとフル稼働である。

レッスン早退の旨をお詫びしつつ参加させてもらったお菓子教室では、
お昼時だから、ということで、かぼちゃときのこのキッシュと
洋ナシのコンポートとジュレのレシピをレクチャーしてもらう。

フードプロセッサーを使って作るパイ生地はさっくりとしていて
秋らしい具のキッシュは絶品。
d0097871_12225743.jpg


洋ナシのコンポートは、レモングラスやレモンチェロというレモンのリキュール、白ワインで
煮込む大人な味わい。
柔らかすぎない煮込み具合も私好み。
ジュレはゼラチンではなく、溶解温度の高いアガーで固めるのがプルプルになるポイントだとか。
d0097871_12242016.jpg


Iちゃんの旦那さまのウィーン土産のザッハ・トルテもお土産にいただく。
ザッハをくれぐれも間違いなく買ってくるようにとIちゃんにお願いされた旦那さま、
どうやらこのお土産のせいかどうかは不明だが、トランジットに失敗して
ちょっと帰りが遅れてしまったとか・・・。
小さなサイズは初めてだけど、お土産にぴったりのサイズ。
d0097871_12253562.jpg


さっそく翌日、材料を買い込みお家でもトライ。
Iちゃん宅ではNYで購入したという底の抜ける10cmのタルト型を使って焼いたキッシュ。
この型、探したけれど冨澤商店では注文のみで受け付ける、ということだったので
とりあえずは底の抜けないマドレーヌ型ともう少し小さなタルト型で代用することに。
レシピがすばらしいおかげで、なかなか美味しく出来上がる。
ちょうど夜に友人夫妻と食事だったので、朝ごはんにどーぞ、と手土産にしてみることに。
d0097871_12314223.jpg


ほっくりとしたカボチャと食感のいいきのこでやさしい秋の味わい。
旬の洋ナシのデザートも、いまのうちに楽しみたい一品。

Iちゃんのテーブルコーディネートも、ハロウィンらしい秋らしいものでした。
[PR]
by tomoko291 | 2009-11-03 12:38 | □Cooking | Comments(0)

9月のお料理教室 

d0097871_20523232.jpg


ひさびさの松田先生のお教室である。

今月のテーマは、お父さんも子供も大好き、カレーである。
我が家でも、辛口なSさんが唯一褒めてくれるメニューが
ひき肉のほうれん草カレーであり、カレーはむしろ得意、くらいに
思って臨んだこのテーマ。

カレーって、こくまろとかのルーを使うのが当然っと思っていた私。
ところがどっこい、ここのお料理教室に通うセレブなマダムたちは
なんだか当然のことのように、
「カレーはクミンを多めにするのが好きなのよ~」
とかカレー話で盛り上がっている。
またまた料理歴の浅さと手抜きっぷりを痛感する日となった。

さて、本題。

まずはカレーソース作りからスタートである。
オールスパイス、カルダモン、シナモン、クローブ、クミン、フェンネル、
レッドペッパー、黒こしょうなどなど、たくさんのスパイスを準備。
これを揃えるのか~と思うだけで、なんだか大変な気分だが、
「カレーパウダーを選ぶときに、S&Bのなんて買わないでね~
あれはだめよ~」
と先生。
生徒のみなさんも
「そうですよね~。やっぱりイギリス製かインド製のじゃないと」
とかうなづいている。
S&Bのあのちっちゃい丸いヤツ、よく見かけますが・・・
たぶん、化学調味料っぽいものが混じっているということなんだろう。
パウダーどころか、カレールーで作っているとはとても言えず、
みなさんに混じって私もうなづいておく。

出来上がったカレーソースで、


シュリンプカレー
d0097871_219521.jpg



ビーフカレー
d0097871_219231.jpg


それから、まったく違う作り方で作ったもう一つのカレーが
キーマカレー。
クミンシードやグリーンカルダモン、ターメリックなどなど
こちらもスパイスもりだくさんである。
小さな深いタイプのストウブのお鍋がなかなかかわいい。
d0097871_2195969.jpg



付け合せには、ししとうとトマトのサラダ(写真撮り忘れ)

パパドも揚げました
d0097871_21102898.jpg


それから、クミンパウダーとバター、白ワイン、パセリを入れた
スパイスライス(写真撮り忘れ)

デザートにはストロングコーヒーのソルべ。
エルブジのソーサーに盛り付け。
d0097871_21105118.jpg



カレーな街、神保町で働いているせいか、美味しいカレーは
外でいただく、という習慣が身についている私。

実験気分が味わえるカレー作り。
いつか家でもトライしてみようと思います・・・。終わり。
[PR]
by tomoko291 | 2008-10-01 21:15 | □Cooking | Comments(0)

BUONO! イタリア料理教室

d0097871_21391032.jpg



広尾の「ラ・ビスボッチャ」、青山の「ドン・チッチョ」、
麻布十番の「「ピアット・スズキ」、「ラ・プリムラ」などなど、
大好きなイタリアンのレストランは挙げればキリがない。

そんな食いしん坊な私がSママさんに誘われ先日伺ったのが
都立大学の閑静な住宅街にある「LA TAVOLA FELICE」。
ステキなマダム、大島さんが主宰するイタリア料理教室である。

イタリア好きが高じてお料理教室を始められたという大島先生。
お教室のメニューは、
アンティパスト、プリモピアット、セコンドピアット、ドルチェという構成で
毎回イタリアのいろいろな地方のレシピを伝授してくれるという。

初回のこの日のメニューは・・・

■ロゼ・シャンパン
「結婚のお祝いに」とシャンパンまで開けてくださった大島先生。
さっそく昼シャンでほろ酔い~

■前菜 サルディーニャのカラスミを使ったミスティカンツァ(香草を使ったサラダ)
築地で仕入れたというカラスミとレモンをトッピングした、爽やかな前菜。
レモン汁を少し多めにした夏らしいオリーブオイルのドレッシングで。
d0097871_2221517.jpg


■プリモピアット やりいかのカラマラータ
d0097871_223498.jpg

↓リング状のイカとおそろいの形状の輪になったもちもちパスタ「カラマラータ」。
先生がイタリアで買い付けた、カラマラータを惜しげなく使用!
d0097871_229062.jpg

イカ? パスタ? どっち?
そんなシャレの効いた遊びも、イタリア料理の楽しいところ。
ベッキオホワイトの大皿に盛り付けて、食べ応えのあるごちそうパスタに。
ソースの味が絶品で、パンに絡めて最後の一滴まできれいにいただく。

■セコンドピアット 蒸し鯛のカポナータ風ソース
ワインビネガーを強めにしたカポナータ(フランスでいうラタトゥイユ)風ソースを
蒸した鯛の切り身にさっとかけ、オリーブオイルとタイムで。
d0097871_224389.jpg


■ドルチェは2品  パンナコッタ
パンナ(生クリーム)、コッタ(煮る)、という名前どおり
生クリームを煮て、ゼラチンで冷やし固めるという、シンプルなレシピ。
「体にやさしい」という大島先生のお教室のコンセプトどおり、
生クリームと同量の牛乳を混ぜて。ミルキーでぷるぷるの舌触りに感激。
d0097871_2251367.jpg


マチュドニア フルッタ フレスカ
イタリア版フルーツポンチで、今回は白ワインで。
桃やメロンなど季節のフルーツが入って、とっても美味。
バナナを入れるとまろやかになるのがポイントだそう。
d0097871_2255149.jpg



手際よくお料理を進めるマダムたちに混じって、予想通り
ひよっこの私はたいした戦力にもならず・・・。

大島先生はじめ、生徒のみなさんは全員2児の母で
とっても優雅なマダムといった雰囲気。
だが、よくよくお話を聞いてみると、大学で英語を教えていたり
企業でお仕事をされていたり、ネイリストであったりと、とっても多才!
そして、何より驚いたのが、かなりの芸能人情報通であることだ。
ご近所さんや学校にたくさんの有名人がいるため、いろいろ
情報が入ってくるらしい。
ひょっとすると、我が社の女性週刊誌の記者以上に情報を持っているのでは!?
と思ってしまう。恐るべし。

仕事を理由に、ついつい家事に手を抜きがちな自分を省みる。
仕事もお料理も子育ても、いきいきとこなす先輩マダムたちを見て
なんだか気持ちが前向きになった気がする。


貴重な機会に改めて、感謝。
9月の第2回が今から楽しみである。
[PR]
by tomoko291 | 2008-07-25 22:44 | □Cooking | Comments(2)

6月のお料理教室と家計簿の話

d0097871_2210401.jpg


先週に行ってきた、ひさびさのクッキング~。
今月のテーマは、春から夏のお魚。
藍のブルーと、青磁のブルーをグラデーションにした
清涼感のあるテーブルコーディネートである。

本日のメニュー


■翡翠茄子のあなごジュレがけ
夏の前菜にぴったりの一品。翡翠色のなすが美しい。
d0097871_22322737.jpg


■あじといかのさつま揚げ風
先生お手製の柳で編んだかごに盛り付けた、さつま揚げ風。
しっかりと味が濃く、ビールが進みそうな感じである。
柳のかごは、夏には青い色をたのしみ、秋~冬にかけて、味わいのある茶に
変化していくそう。かご編みの特別レッスンも予定しているそう。
d0097871_22324133.jpg


■ほたてととうもろこしのグラタン
子供も好きそうな、グラタンは、ワインにも合いそうな濃厚な味。
ブリュレ型で焼くと、ちょうどいい一人分に。
d0097871_22325233.jpg


■かじきまぐろと夏野菜のトマトソース ショートパスタで
さっそく、今夜作ってみたこのパスタ。
やさしいトマト味と、ゴーヤの苦味が、夏にぴったりである。
ゴーヤはスライスした後、三温糖をもみこんでおくとお味がマイルドになるそう。
d0097871_2233477.jpg



関係ない話だが、Web家計簿なるものを付け始めた。
毎日は無理なのだが、思いついたときにとっておいたレシートや
カードの控えをランダムに入力すると、あっというまに
日付順、項目順に並べ替え、項目別の支出表まででてくる優れモノである。

付け始めて気づいたのだが、けっこう使っている項目が。
「被服」である。仕事柄、と思ってはいたが、知らず知らずにチリも積もれば~である。
何よりも問題なのは、お金かけてるわりには、お金かかってそうに見えない
私のコーディネートである。う~ん・・・

共働き子供ナシ、はいちばん貯蓄ができる時期だそう。
担当雑誌のマネーコラムに久々に目を通すと、そう書いてある。

また家においてあったプレジデントを読んでみると
30台の女性が
「貯蓄の目標額は5億ですね。1億だと5%で回しても年に500万円しか増えませんが
、5億あれば2000~3000万円増えます。経済的自由を獲得するには、
最低でも5億必要なんです」と。
ぎょえ~、大変な話である・・・

やりたいことを自分でできるように、と思って働いていた20代。
将来を見据えてあれこれ策を練るようになるのが、30代。

ちょっと遅い気もするが、今より遅いってことはないだろうから
日々着々と。

Web家計簿、がんばろ~。
[PR]
by tomoko291 | 2008-06-18 22:31 | □Cooking | Comments(0)

3月のお料理教室


d0097871_19102687.jpg

先週は、久しぶりのクッキング~。
クリスマスやお正月のややこってりめのコーディネートの後なせいか
すっきりとした食器使いで、気持ちもシンプルに。

春の野菜がテーマ。
フキやこごみ、オクラ、ふきのとうなどを使った
体にやさしい緑の料理が目白押しである。

テーブルセンターも、春らしい球根をアレンジしたもの。
d0097871_1913566.jpg


フキ、竹の子、こごみのごまあえ。
九州のタケマンの竹の子を先生はお取り寄せしたそうだが
紀伊国屋にも同じものが売っているらしい。
ここのはやわらかくて味が濃くて、美味しいのだそうだ。
d0097871_19151760.jpg


辛口のSさんにも好評だったのが、
アボガドとおくらのソース 帆立のサラダ仕立て。
帆立が苦手なSさん用に、イカで代用して作ったのだが
このソース、本当に美味しいのだ。
レシピ、こっそり公開。
d0097871_19205267.jpg


オクラ8本:塩で板ずりして超細かくみじん切り
エシャロット(私は玉ねぎで代用):4~5本 超細かくみじん切り
オリーブオイル大4、白ワインビネガー大1、ナンプラー大1/2、
白こしょう、フレンチマスタード少々

これを全部混ぜて、オリーブオイルと塩コショウでマリネして
軽く焼いた魚介にかけるだけ。

他にも、ふきのとうと豚肉の揚げ物。
d0097871_1921237.jpg


あと、ブラッタード風ポテトグラタンも作った。
d0097871_19215067.jpg


焼く前はこんな感じ。
d0097871_1922366.jpg



我が家でも最近登場回数の多い、アスパラ、ブロッコリー、オクラ。
緑もきれいで栄養もあるし、春野菜いいですな。
[PR]
by tomoko291 | 2008-03-21 19:26 | □Cooking | Comments(0)

ジャグリング棒

d0097871_2322239.jpg



最近、南仏からパリ経由で我が家にやってきた
ジャグリング棒、2本。

友人Mの彼、宮脇誠さんが南仏の骨董市で買い付けた
というものだそうで、彼のHP「ミヤワキモダン」で拝見して
注文させていただいたものである。

長さ違いの2本買い。

シンメトリーがインテリアの美しいバランスの基本中の基本、
とされている欧米の文化もあるようだが
なんとなく大・小を選んでしまうのは
やはり、アシンメトリーな日本文化で育ったせいか。

ちなみに、我が家のカメちゃんも、大・小の2匹飼い。
ここ何週間か、小のメロンが肺炎のため2週間入院していた。
少し回復するも、現在も自宅静養中で
まだまだお薬が手放せない状態である。

目を放した隙に、大のほうのリオがメロン用の病院食を完食したり、と
いろいろ大変である。

早く元気になりますように。
[PR]
by tomoko291 | 2007-10-31 23:40 | □Cooking | Comments(0)

秋口のお料理教室

d0097871_17441090.jpg


今月は写真がイマイチだったので
封印しようかと思っていたお料理教室レポ。

切干大根やひじき、はだか麦などなど
乾物をつかってのヘルシーメニュー。
さっそく作ってみたところ、けっこう評判がよかったので
予定を変更してご紹介。


●芽ひじきと魚介のサラダ
サラダのグリーンやコーンのイエローを引き立てる
黒のお皿。ひじきの黒とリンク。洋服のコーディネートと同じ発想である。
d0097871_174732.jpg


●車麩の煮物
子供っぽくならないポイントは、オクラを斜めにあしらい、
全体的に高さを出すことだそう。これはちょっと失敗例↓
d0097871_17482725.jpg


●切り干し大根と塩豚のグラタン
プリンちゃんのようなオーブンウエアだったが、ホクホクした感じがアップ?
ワインともマッチする濃厚なお味。
d0097871_17483641.jpg


●もちキビを使った春巻き
タレを入れた小さい陶器。夏はガラス製のものが活躍したが
これからの季節はこんな味わいのある陶器の器にシフト。
d0097871_17485659.jpg



私も大好きなタイトゥーのプレートを組み合わせた
こっくりとしたテーブルコーディネート。
ちなみにタイトゥーの正規輸入代理店の銀座ブルーメ青山ツインタワー店では
9月25日~29日まで、ワゴンセールを開催するそう。
ご興味のある方はぜひ。


レシピもあるので、興味のある方はご連絡ください。
[PR]
by tomoko291 | 2007-09-17 17:58 | □Cooking | Comments(0)