女性編集者の綴るインテリア日記。
by tomoko291
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
□Living
□Dining
□Kitchen
□Table Ware
□Cooking
□Color
□Hotel
□Flower
□Shop
□Wedding
□Baby
タグ
(7)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:□Shop( 7 )

パパッと5分買い

仕事休み中なので、ファッションネタを少々。

記録的に増加した体重もようやく元通りになり
めでたく洋服を買うことができるようになった。
妊娠・出産はすばらしい体験だったが、おそらく体質的に
妊娠中は体重がものすごく増えやすいようで
一番リラックスすべきときに、人生最大のストレスを感じてしまった。
言い訳みたいだが、本当に気をつけてても増えるのだ・・・。
母もそうだったと言ってたので、遺伝的な体質と思うのだけど(言い訳)。

洋服を買えるのはうれしい。
だが、息子との外出でははっきり言って試着はムリである。
そうなると、試着しなくてもOKなモノ。
さらにヨダレたらりーんは四六時中なので、なるべくお家で洗えるモノ。
欲を言えば、授乳も楽なモノ。

最初はこんな条件を満たす服を見つけようと頑張っていたが
3条件をすべて満たすのは難しいので
私なりの優先順位をつけて、授乳が楽はもう気にしないことにした。

幸い、洋服を見ると着なくてもラインはだいたいわかるし
自分のビビッとくる直感に素直になれるので、
5分買いはそう悪くはなく、いまのところ失敗ナシ!

●健診後に、広尾のmiddiで5分買い↓
ゆるいトップスはあんまり好きじゃないのだが、
手早く今っぽく見えるはずなのでトレンドに乗ってみる。
レースがツボ。2枚とも1万円以下のかわいい値段である。
d0097871_20571494.jpg

d0097871_20572698.jpg


●内祝いの買い物ついでに、デパートのストール売り場で5分買い↓
久しぶりに登場したクラウディア・シファーの私服で、柄ストールをたっぷり
巻いているのを『Precious』で見て、真似っこ。
d0097871_2102817.jpg


●8年来のお付き合い、スリードッツは1分買い。
シーズン初めに必ず買い替える白&ネイビーに、今春は黒の半袖も。
長袖は生地の薄いモノ、半そでは厚地、ネックは絶対ラウンド、
これが私の中でのスリードッツ・マイルールである。
d0097871_2132117.jpg


あとはいつも買うTheoryでロングカーデやニットなど。
Theoryの洋服って全然わくわくしないし、つまらないデザインが多いのだが
なんだかスタイルに合ってガンガン着倒せるのでついつい、つい。

次に買い足しを狙っているのは、クロップド丈のホワイトデニム。
さすがにこれは試着必至なので、夫と出かけたときに探すとしよう。
[PR]
by tomoko291 | 2010-03-17 21:15 | □Shop

GRILL BAR DOJI

d0097871_23365612.jpg


Sさんの友人カツオさんが外苑前にお店をオープンした。

広尾の『ラ・ビスボッチャ』でシェフをしていたDOJIさんが
腕を振るうグリル料理のお店である。

メニューはこちら。

d0097871_717508.jpg



しっかり食事をしたいときはもちろん、遅くなってしまった仕事帰りに
フラッと立ち寄ってちょっと空腹を満たしたいときにも、
どちらにも「あ、コレ食べたい」
というメニューがあるのがうれしい限り。

個人的には野菜のグリルとシュリンプがおススメ。

ワインも充実しているので、飲みたいときにもぜひ。




d0097871_7224418.jpg住所 東京都渋谷区神宮前3-42-5 B1F
●営業時間 18:00~
●定休日 日・祝日
tel 03-3401-6406
[PR]
by tomoko291 | 2007-07-23 23:37 | □Shop

サントリー美術館@ミッドタウン

d0097871_11344664.jpg


「サントリー美術館を楽しんだ後、カノヴィアーノでお食事しませんか?」
ステキなお誘い。なんて気の利いたデートコース。
わくわく♪

が、毎週、花金(古い)を目いっぱい満喫中のSさんがこんな誘いをするわけもなく、
これは、サントリー広報チームの方々からのお誘い。
編集部のTさん、Nさんの若手女子チームで参加した。

開館記念にふさわしく「日本を祝う」というテーマでスタートした
サントリー美術館の展示。
「祭」や「宴」などテーマごとに紹介されている、
生活に密着した着物や器などの美術品は、
18世紀~19世紀の江戸時代のものが中心。
以前、鹿児島旅行をした際にも、かつての島津藩の時代に使われていた
薩摩切子を鑑賞したが、ここにも薩摩切子や長崎ガラスなど
美しい酒器がたくさん展示されている。

d0097871_11573826.jpg鑑賞後に、美術館に併設されているカフェへ。お麩で有名な「加賀 不室屋」とのコラボレーションで実現したこのカフェには、金沢の美味しい食材を使ったメニューがずらり。実はここ、予約を受け付けていないため、空いていればすぐに入れる、穴場スポット。








d0097871_1212760.jpgカフェで使われているこの箸などは、となりのショップで購入できるとのこと。が、あまりの人気に入荷しても予約ぶんだけですぐに完売してしまう、という今や
幻のアイテムに。






d0097871_123778.jpgフレンチレストランも手がける不室屋自慢の生麩や金沢の珍味、ふぐの粕漬けなどを堪能。もちろん、サントリーのプレミアムモルツといっしょに。いつもは「一番絞り」派の我が家だが、最近はもっぱら「プレミアムモルツ」をダース買いしていることもあって、大好きなビールもぐいぐいと進んで。











程よい酔いがまわったところで、敷地内の橋を渡って「カノヴィアーノカフェ」へ。

d0097871_1281561.jpg安藤忠雄氏の設計で建てられたこの「21 21 DESIGN SIGHT」はデザインやアートへの理解や造詣を育てる意味も込めて年に2回はアートの展示イベントが開催されるギャラリースペースも。夜はヒルズまでが見通せるロマンティックな夜景を見ながらディナーが楽しめる、ということもあって、店内は満席の盛況っぷり。



サントリーの美人広報のHさんは、実は大学の後輩と同期ということが発覚。
ソムリエの資格を持つHさんのセレクトで、
食事とともに美味しいシャンパンと白ワインをいただくことに。
さすが、日本一のお酒メーカーである、
社員の3分の1の方がソムリエの資格を持っているとのこと。


すっかり酔いのまわった一同。
私以外は全員新婚さん、ということもあり、
仕事の話もしつつ、ほとんどはプライベートな話で大盛り上がり。
愛はスープのように冷めるのか、とか、ある本の話をTさんが持ち出し
あーでもない、こーでもない、などなど。
ちなみに、サントリーは育休が3年もとれる制度があるそう。
これまた、さすが、という感じである。
気づいたころにはもうすぐ日付が変わってしまう時間。
サラリーマンらしく、花金を満喫した。


あー、楽しかった。
このコース、デートのネタに困っている方にぜひ。
美術館内には夜景を楽しめるカップルシートなるものもあり。
美術館の招待券ありますので、欲しい方は言ってください。
[PR]
by tomoko291 | 2007-04-28 12:33 | □Shop

新丸ビル ファインリファイン

d0097871_7173752.jpg


読者を飽きさせないために、常に新しさを。
そう思い、誰もやってないようなアイディアを試してみる。
が、自分の思いつくアイディアで、誰もやっていないことというのは
そんなによくないから誰もやっていないわけで
よほどのアイディアでよほどの計画を練らない限り、失敗に終わることが多い。
すごくいいモノをお手本に自分なりのアレンジを加える、
これくらいのさじ加減が成功への手堅い道のひとつである。

六本木のミッドタウンに続き、丸の内にも新ランドマークが誕生した。
その名も「新丸ビル」。
ミッドタウンも新丸ビルも、そのエリアではヒルズ、丸ビルに続く、第2弾になる。
2番煎じという言葉だと、どうしても後発が劣るニュアンスだが
どちらも先発を意識しての、オリジナルのアレンジを加えている。

d0097871_7122810.jpg今回も全貌はワイドショーにお任せして
4Fのライフスタイルショップ
「ファインリファイン」をご紹介。

アパレルメーカーのワールドが手がけるインテリアのセレクトショップで、
松坂屋B1Fに第1号店がある。家具が中心の1号店は40代以上のお客様が多いそうだが、
今回の新丸ビル店は雑貨中心で20代、30代をターゲットにしているとのこと。ここで雑貨を買っていただいたお客様がいつか、松坂屋で家具を購入するお客様になってほしい、という戦略だそう。



d0097871_7183599.jpgハワイのニーマンマーカスでもセレクトされていた「ルギャール」のテーブルウエア。パリの香りのするロマンティックなアレンジで、春らしいコーディネートを提案。














d0097871_7201838.jpgファインリファインのオリジナルのアイテムは、ゴールドやプラチナの色使いが特徴。
















d0097871_7231776.jpg生花ではないけれど、
種類豊富なお花がたっぷりと。















モダンなインテリアショップが多いなかで、ココはちょっとクラシックだったり、
スイートなテイストを上手に取り入れている。
ブックコーディネーター江口宏氏がセレクトしたブックコーナーもあり。
(ブックコーディネートという仕事があることに驚き)


80坪の広めの店内にところ狭しと置かれたアイテムの多さも見ごたえたっぷり。
ありそうでなかったこういうテースト、今後増えていきそうな予感も。
[PR]
by tomoko291 | 2007-04-25 07:36 | Shop

ピア1・インポート&ニーマン・マーカス

d0097871_7582820.jpg


引き続き、ハワイの戦利品「ピア1・インポート」編。

d0097871_85579.jpg駐車場が広く、アクセスしやすいワード・ビレッジ内のお店へ。ピア1・インポートは以前は東京にも店舗があったけれど、残念ながら撤退してしまって残念に思っていたところ。リーズナブルな価格が人気で、アメリカ版IKEA?フランフラン?的なポジションかと。



d0097871_882794.jpg写真上のテーブルランナーなど、ちょっと気の利いた色・柄モノが豊富にラインナップ。これは兄夫婦のダイニングテーブルにぴったり、と思い、お土産に購入。





d0097871_89217.jpgダイニングのコーナー用にと、高さのあるキャンドルホルダー。









d0097871_8104773.jpgオリーブやフルーツ、チーズ用のピックは、シェルモチーフがかわいいケース付きの6本セット。ちょっと頭が重くて倒れがちなところもご愛嬌?







d0097871_8123328.jpgウッドやステンレスのナプキンリングや箸置きは、すべて半額セール中ということもあり、大人買い♪ 収納に活用していた無印のアクリルケースに入りきらないほどになってしまった・・・。







ここからは、「ニーマンマーカス」編。


d0097871_8283832.jpgポルトガル製のポットは、花器にぴったりのサイズ。ずっとこういうニュアンスの白い陶器のフラワーベースを探していたけれど、なかなかしっくりくるものが見つからず。ようやく出会えたうれしさに、かさばること覚悟で購入。






d0097871_98494.jpgワイヤーを絡ませてプレスしたようなラウンドのプレイスマット。ニーマンの売り場のおじさま曰く、アメリカではいま人気のデザイナーのものだそう。名前は忘れてしまったが、とにかく白の色と、大きめのサイズが気に入って、6枚購入。したはずなのだが、帰って開けてみると、7枚入っていた。あれ? レシートを確認すると6枚分しかお支払いしていない。
う~ん、返しに行くのもなんだし・・・・というより、
遠いから無理。ラッキー♪







紹介しきれないぶんはまた追々。

帰りの荷物は57ポンドという重さで、あやうく50ドルのオーバーチャージを
とられそうに。なんとか手荷物に少し出して解決したものの、
誤って手荷物に移してしまった化粧水が没収されてしまい、
結局、プラスマイナスゼロ、泣。

こんなオチは、本当にいらない。
[PR]
by tomoko291 | 2007-04-20 08:51 | □Shop

ウィリアムズ・ソノマ

d0097871_9401298.jpg


ちょっと早めのお休みをとって、ハワイへ。
ハワイといえば、ショッピング♪
ショッピングといえば、アラモアナ・ショッピング・センター♪
アラモアナといえば、ブランド買い♪
LV、エルメス、ボッテガ・ヴェネタを隈なくチェック♪

と、言いたいところだが、ココでチェックしたのは雑貨ブランド。
ウィリアムズ・ソノマ、コンプリート・キッチン、カードショップのパピルス
ニーマンマーカスではブランド売り場には目もくれず、ホームコレクションへまっしぐら。

Sさんが銀行への用事にかかりっきりなのをいいことに
その間、こころゆくまでチェックできたウィリアムズ・ソノマは
アメリカらしいあたたかさのあるシンプルなアイテムがそろうキッチン雑貨のお店。
売り場のお鍋やツールを使っての、お料理の実演もあり
何時間いても飽きない。

だいぶ見て回ったところで、銀行の用事から戻ったSさん登場。
「これ、どう?」
「これもかわいいでしょ?」
と同意を求めると、
「2ドルなら買う」
「それは、5ドルだな」
・・・・・・・。聞いても仕方なかった。
ここは100円ショップではない。

こんなやりとりをしつつも、あくまで自分の判断でゲットした
ウィリアムズ・ソノマの戦利品たち。

d0097871_9515636.jpgキッチンタオルは、サイズ違いの4枚組みで。4枚で7ドルと、手ごろな価格も◎。色違いをお土産用にも購入。















d0097871_953492.jpgリネンのナプキンとバンブーモチーフのナプキンリング。セール中なのも買いを後押し。















d0097871_954831.jpgピール用のツールは、先日お料理教室で先生が使っていたものに似たふたつを。チーズケーキを作るときに使う、シトラス用とチーズ用を購入。







ハワイの戦利品編、まだまだ続く。
[PR]
by tomoko291 | 2007-04-18 10:10 | □Shop

ミッドタウン

一足お先に、ミッドタウンへ行ってきた。
全貌については、ワイドショーや情報番組にお任せするとして
3・4Fフロアのライフスタイルショップのインテリアの一部をご紹介。


d0097871_7223358.jpg

↑4Fのレストランフロアには、待望のコンランショップのレストラン
「Botanicaボタニカ」がオープン。
インテリアはもちろん、お花のアレンジ、テーブルコーディネートに至るまで
まさにコンランワールド、といった感じ。

d0097871_7225085.jpg

↑ウッドデッキのテラス席も気持ちのいい空間。

d0097871_7231012.jpg

↑3Fのショップフロアには、IDEEほか、初のニコライバーグマンのインテリアショップや
タイム&スタイル、WISE WISEなど、15以上のライフスタイルショップが集結。
サントリー美術館もこのフロアに。

d0097871_723217.jpg

↑2Fのビューティゾーン「Shu サンクチュアリ」では、サプリメント、オーガニックカフェ、
アロマショップ、エステサロン、ヘアサロンのエクセル、メンズエステなど、ビューティを
トータルでプロデュースする魅惑のショップが勢ぞろい。
Shu uemuraプロデュースのエステサロンのカウンターの、チェコガラスの
美しいシャンデリアにしばし釘付けに。


d0097871_72558.jpg

↑リッツ側の棟の1Fには、「Toshi Yoroizuka」がオープン。
鎧塚氏はじめ、パティシエの方々が腕を振るうデザールもミッドタウンでは復活!
早くも大勢の人で賑わって。

いまだに六本木ヒルズで映画館にしか真っ直ぐ行けない私。
ミッドタウンでも迷子になること必至、と思っていた。
が、ここはとってもわかりやすい構造で、スイスイとお目当てのショップを
見て回ることができた。
地下にはちゃんとディーン&デルーカなど、食材のショップがあり
デパ地下っぽくて楽しい。

d0097871_7593991.jpg館内全体がウッド調のインテリアで、そこはかとなく和テースト。
なんだか和んでしまうのも、ミッドタウンの内装の特徴か。







インテリアショップが多いことに加えて
Sさんがお世話になっているヘアサロン「広尾エクセル」の
担当者もミッドタウンへ異動になったということで
こちらには、ときどき足を運ぶことになりそう。

が、カットのお値段も1000円アップのミッドタウン価格に・・・。
カッシーナのリクライニングチェアを配した店内のグレードアップを考えれば
当然なのだけれど、「サッパリした感じで」とオーダーするだけの
あのヘアスタイルのカットに7350円は、う~ん。
悩むところである。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tomoko291 | 2007-03-27 04:21 | □Shop